シミ取りレーザーでおすすめのクリニック!料金・種類の比較もしてみました

シミは美白化粧品やサプリメントなどの利用でセルフケアをすることができますが、なかなか成果を出せずに苦労しているというかたが少なくありません。

なるべく早く結果を出したいという場合には、やはり皮膚科の専門医に相談をして症状ごとに適切な治療を受けるのが確実です。

方法もさまざまで、予算や肌質に合った対策を行うことができます。

皮膚科できるシミ取りとは?

皮膚科では肝斑、日光性色素班、炎症後色素沈着などの治療にシミ取りレーザー、光、外用薬、美白効果を期待できる内服薬などが利用されています。

原因により高い効果を見込める治療法が異なりますので、専門家の診察によってより確実な改善を目指すことが可能です。

器具を使用するシミ取り

マシンを使った治療は、メラニン色素にアプローチするシミ取りに効果的なレーザーや、同時に美肌効果を見込めるフォトフェイシャルが人気です。

一口にレーザーや光といっても種類が多数あり、期待できる効果にも違いがあります。

レーザー治療

レーザーとは特定の単一波長のことで、シミ取りに利用されるマシンはメラニン色素に吸収される性質を持ち、熱によって細胞破壊をすることでターンオーバーで排出を促します。

熱を受ける際に若干痛みを伴いますが、基本的に麻酔なしで処置が可能です。

光治療

光はレーザーとは異なり、複数の可視光線が含まれているのが特徴で、照射をすることでシミの元になるメラニンだけではなく毛細血管などにも働きかけることから、同時に顔のくすみや赤ら顔などの改善にも効果を見込めます。

ただし、シミにピンポイントに作用するレーザーと比較をすると、シミ取り効果が劣ってしまうのがデメリットです。

その代わりに熱による刺激が少ないことから、治療の際にストレスを感じにくいのがメリットになります。

薬を使用するシミ取り

シミ取りの際に器具を利用せずに、薬を用いた治療を行うこともできます。痛みがなく肌への刺激が少なくなりますが、即効性はなく長期的なケアが必要です。

外用塗布薬

メラニン生成を抑制するハイドロキノンや、ターンオーバーを促進するトレチノインなどが配合されている薬を肌に塗ることで、徐々にシミ取りをしていくことが可能です。

効果の発現までに2ヶ月から3ヶ月程度かかります。
外用薬のみではシミを完全に消すことは難しいものの、メイクで十分隠れる程度には目立たなくなりますし、新しいシミの予防ができる治療法です。

内服薬

メラニンの働きを抑えるトラネキサム酸、チロシナーゼの活性を阻害し代謝を促すL-システイン、ビタミンCなどを服用することで、身体の内側からシミ取りのサポートを行います。

内服薬では、ストレスや外的な刺激などによるシミの発生をブロックするための成分の働きが注目されますが、同じく即効性はありませんので継続的な摂取が必要です。

シミ取りレーザーとは?

シミ取りレーザーでは直接的に患部にアプローチをし、シミを浮かせて取ることができます。治療にかかるのは10分ほどで、その後すぐにメイクをして帰宅をすることが可能な手軽な治療法です。

なぜシミ取りレーザーでシミが取れるのか?

シミ取りレーザーで照射されるレーザーはメラニン色素、つまり周囲の皮膚よりも黒い部位に反応をし、その部位の色素を焼き切ることができる治療になります。

レーザーによって焼かれたシミはかさぶたになり、新しく皮膚が生まれ変わる際、ターンオーバーに応じて排出されることで徐々に薄くしていくことが可能です。

照射時に高熱が発生することからある程度刺激を受けることになりますが、肌に悪影響を及ぼすものではありません。

1回の照射で全てのメラニン色素を処理することができなければ何度か治療を重ねる必要がありますが、シミに対しダイレクトにアプローチができることから、薬を利用するよりも早く効果が出やすいというのがメリットで、皮膚科でも人気の治療方法になります。

ただ、今発生しているシミに対して効果的ではありますが、今後できる可能性があるシミに対する予防法ではないことから、同時に新しいシミが発生しないように対策を行っていくことが大切です。

シミ取りレーザーの流れ

まず、カウンセリング後にメイクを落とし、目に光が入らないようにカバーをしてからシミ取りレーザー治療が行われます。

なお、1回10分ほどの短時間で完了し、身体に負担がかかる心配はありません。痛みが気になる場合には麻酔を塗布後、患部に少しずつ照射を行っていきます。

焼かれたシミはかさぶたになった後に1週間から2週間かけて脱落。新しく生成される皮膚の色は徐々に薄くなりますが、この際に色素沈着が残っていれば再度照射をし、自然治癒で皮膚が綺麗になっていくのを待ちます。

治療後は通常のスキンケアやメイクも可能で当日にシャワーを浴びることもできますが、紫外線対策を徹底し、刺激を与えないように気をつけることも必要です。

最新シミ取りレーザー治療

シミにはいくつもの種類があり、効果的だとされているシミ取りレーザーでも改善が難しいものには異なるアプローチ方法が推奨される場合があります。

しかし、昨今ではQスイッチレーザーという、シミやソバカスはもちろん、従来のレーザー治療では難しかった肝斑、炎症性色素沈着などにも治療効果を見込める、安全性の高い最新のレーザー機器が用いられるようになり、注目されています。

最新の光レーザー治療とは?

できているシミに対してアプローチすることしかできなかった従来のシミ取りレーザー機器でしたが、最新の「フォトシルクプラス」では肌奥のシミ予備軍に対しても働きかけるレーザーを照射することで、表面に表れるのを防ぐことができるようになりました。

治療時間も従来どおり、10分程度で済みます。
いくら目立つシミをケアできても、またシミができて治療が必要になれば手間や費用がかさむばかりですが、同時に予防治療もできれば一石二鳥です。

もちろん、日焼けをしないように紫外線対策の徹底、ターンオーバーの促進のためのケアを心がけることも大切ですが、シミを増やすリスクを大幅に減らすことができます。

たるみやしわも取るレーザーとは?

シミが気になるかたが増えてくる年代は、あらゆるアンチエイジングケアが必要になる年代でもあります。

だからこそ、シミと同時に老け顔を作るしわやたるみも改善することができる治療は非常に人気で、レーザーでも対策が可能です。

アブレイティブレーザー

皮膚の蒸散作用が強いため、濃いシミに効果を見込めます。レーザーが照射される際の熱によって皮膚細胞の再生を促すことができることから、シミを焼き切るのと同時にしわを目立たなくすることもできるレーザーです。

ノンアブレイティブ・レーザー

ダウンタイムが短く痛みを感じにくいことから、肌に負担の少ないレーザーです。

レーザー治療が初めてというかたでも利用しやすく、軽いニキビ跡の改善や毛穴の引き締め、たるみの改善などに高い効果を得ることができます。

ポラリス

ポラリスはレーザーに加えて2種類の高周波を当てることより、肌にハリをもたらすアンチエイジング対策ができるのが特徴になります。

火傷のリスクを抑えられるのがメリットで、コラーゲン生成をサポートして乾燥肌に潤いを持たせることが期待できるレーザーです。

サーマクールCTP

サーマクールCPTはコラーゲン繊維の生成と増加を促すことによって、皮膚に若々しいハリと弾力を取り戻すことができるレーザーになります。

加齢により劣化する皮膚組織をリニューアルすることで、たるみを引き締めることが可能です。

そばかすやシミも消すレーザー治療

レーザーを照射し、肌の古い角質を出すことによって肌の再生を促したり、メラニン色素を破壊したりすることでシミやそばかすを消す治療方法です。

スイッチレーザー

Qスイッチレーザーとは、シミやあざなどの除去のために開発された、非常に効果の高いシミ取りレーザーです。厚生労働省からも認可を受けています。

従来のレーザー治療は、シミやそばかすの原因であるメラニン色素と共に、正常な肌細胞まで破壊してしまうため、肌やその奥の真皮に大きなダメージを与えてしまうというデメリットがありました。

Qスイッチレーザーはメラニン色素のみを破壊することができるので、正常な肌細胞へのダメージを最小限に抑えることができ、傷跡も残りません。

また、肌の奥深くのメラニン色素まで破壊することができるので、シミやそばかすを取る効果がとても高いです。

スイッチレーザーの治療法とは?

Qスイッチレーザーの治療の流れをご説明します。
レーザーを照射する部分のメイク(ファンデーションなど)を落とします。

治療により痛みが生じる場合があるので、希望する場合は表面麻酔を行います。

Qスイッチレーザーを照射します。約10分ほどの治療です。

照射後、白くなっている部分に創傷保護テープを貼り、適温を保ちます。

スイッチレーザーの注意点とは?

Qスイッチレーザーは、シミやそばかす、あざや色素沈着などに効果がありますが、肝斑には使用できません。肝斑に照射した場合、かえって濃くなってしまう可能性があります。

また、レーザー照射後は紫外線による刺激を受けやすくなっていますので、日焼けをしないように気をつける必要があります。

治療当日から洗顔や入浴は可能です。ただし、強く皮膚をこすったり、熱いお湯を使用したりと、強い刺激を与えることは避ける必要があります。なるべく刺激を与えないように気をつけましょう。

後日かさぶたができますが、問題ありません。自然に取れるまで、無理にはがさないようにしましょう。

レーザー治療以外でシミを取る方法

レーザー治療にはまとまった費用が必要となるため、治療をためらう方もいらっしゃるかもしれません。レーザー治療以外でシミを取るには、どのような方法があるかまとめました。

シミをクリームで消す

シミ取りクリームには、主にトレチノインやハイドロキノンといった成分が配合されています。
トレチノインは、表皮の細胞を活発に増殖させることで肌のターンオーバーを促し、メラニン色素を消します。

ハイドロキノンは、メラニンを還元することでシミを薄くしたり、メラニンの生成を抑える効果があります。

この2つの成分は、皮膚科での治療にも使用されている成分です。しかし、肌への刺激が強いところが難点です。

シミ取りクリームには、顔全体に使用するものと、部分用のものがあります。部分用のクリームの方が、成分の濃度が高くなっている場合が多いです。

シミを化粧品で消す

シミ取り用の化粧品には、基本的にピーリング成分が配合されています。ピーリングでは、皮膚表面の古い角質を取り除くことができます。

シミの原因となるメラニン色素は、古い肌の細胞とともに落ちていくので、使用を続けることでシミを薄くする効果が期待できます。

ドラッグストアなどでも簡単に手に入りますが、ものによっては肌を傷つける可能性があり、シミ取りクリームよりも肌への負担が大きくなります。

使用前にパッチテストをするなど、肌に合うか確認してから使用することをおすすめします。

シミを馬油で消す

馬油は人の皮脂と成分が似ていることから、肌への浸透力が高いアイテムです。塗ることで血行を促進させる働きがあります。

肌のターンオーバーが活発になることで、徐々にシミが薄くなっていく効果があると期待されています。ただし、完全にシミを消してしまうことは難しいです。

シミ取りとして即効性はありませんが、昔から傷や火傷の治療に使用されるなど、肌に優しいアイテムです。保湿効果が高く肌のバリア機能を高めてくれるなどの効果もあります。

内服薬でシミは消せるのか?

シミを消すために、レーザー治療などと並行して内服薬が取り入れられることも多いです。身体の内側からシミの改善をはかります。

内服薬の働きについて

シミができる原因はさまざまです。シミ取りのために美容外科や皮膚科へ行くと、まずはシミの種類を検査してくれます。

検査結果に応じて、適切な治療を進めていくことになります。
レーザー治療などの外科的な治療の前には、身体の内側から肌の調子を整えておく必要があります。このために、内服薬が用いられることが多いです。

内服薬は飲んですぐに効果が現れるものではなく、ある程度継続する必要があります。一般的には2〜3ヶ月飲み続けて、肌の調子を整えていきます。

レーザー治療などの後も、シミの再発防止などのために内服薬を続けていくことが多いです。
基本的に内服薬は飲んですぐに効果が分かるものではありません。

しかし、飲むのをやめてしまうと、やはり効果はあったと感じる場合も多いようです。内服薬は、指示通り継続することが大切になってきます。

内服薬の有効成分とは?

トランサミン

メラニン色素を生成する細胞である「メラノサイト」のはたらきを抑え、シミができにくくする成分です。

もともとはアレルギーや湿疹の治療、出血の抑制などに用いられていた、安全性の高い成分です。

1979年に肝斑の改善に効果があるという研究結果の報告があり、近年ではシミ取り用の内服薬の成分として利用されています。

ビタミンC誘導体

抗酸化作用によりメラニン色素を還元する働きがあります。色素沈着を防ぐことでシミができにくくなるので、シミ取り用内服薬に用いられます。

人間の体内では合成できないため、内服薬などから取り入れる必要があります。

ビタミンE

血行を促進する作用や、高い抗酸化作用がある成分です。ビタミンCと併せて摂ることで、シミ取りに相乗効果が期待できます。

L-システイン

身体の内側から新陳代謝を活発にすることで、肌のターンオーバーを促進する働きがあります。また抗酸化作用があり、ビタミンCとの相乗効果が期待できます。

すでにあるメラニン色素の無色化も期待できるため、シミ取り用内服薬の成分として利用されています。

シミ消しや美白に役立つ化粧品について

シミ消しに役立つ化粧品は、メラニンを還元する成分が必要です。
ビタミンC誘導体の成分のものや、ハイドロキノンの成分がある化粧品だとメラニンが作られるのを抑制したり、メラニン自体の生成を抑制する成分があるのでシミ取りや美白に効果が期待できます。

シミ消しや美白に役立つ有効成分

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の有効成分は、抗酸化作用やコラーゲン生成の促進、メラニンの抑制、皮脂分泌の抑制があります。

抗酸化作用は、体を老化させる活性酸素を抑制しシミ取りや肌荒れを改善します。
コラーゲン生成を促す作用は、シワやたるみを予防し毛穴を目立たなくさせる効果があります。

メラニン抑制は、メラノサイトが作り出すチロシンというアミノ酸をメラニン色素に変えチロシナーゼの働きを阻害します。

メラニン生成を抑制し新陳代謝を上げ、色素沈着の改善を促すのでシミ取りには効果的が期待できます。

皮脂分泌を抑制することで、過剰な皮脂の分泌を抑制しニキビを予防します。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、美白効果を促すことで知られています。
ハイドロキノンは、シミ取り効果が期待でき強力なメラニンを分解する力があります。

メラニンの元となるチロシンかま酸化反応を繰り返し濃いメラニン色素にを還元して、色味を薄くしていきます。

またハイドロキノンは、肌の表面にあるシミや色素沈着に高い効果を発揮するのも特徴です。
雀卵斑、炎症後色素沈着、老人性色素斑は効率的に改善できます。

そしてハイドロキノンは、メラニン色素を茶色く変色させようとするチロシナーゼという酵素を抑制する働きもあります。

そのために紫外線を浴びてしまっても、ハイドロキノンを使用することで未然にシミの生成を防ぐ効果があります。

さらにはチロシナーゼの働きを抑制することができる数多くの成分の中では、最も強力だと言われているのはハイドロキノンです。

一年中できるシミ対策とは?

一年中できるシミ取り対策としては紫外線を避け、直射日光に当たらないように心がけることが大切です。

紫外線が多い春や夏はもちろんのこと、さまざまなグッズを有効的に活用していくことで、一年を通して対策していくことができます。

また、年間を通して効果的にできる対策の一つとしては、身体の内側から栄養素を取ることもポイントになります。

紫外線を避ける

一年中できるシミ取り対策としては紫外線を避け、直射日光に当たらないように心がけることが大切です。

紫外線が多い春や夏はもちろんのこと、さまざまなグッズを有効的に活用していくことで、一年を通して対策していくことができます。

それは日焼け止めクリームなどを塗ることは、紫外線を予防でき対策が取れます。
さらには日陰を歩いたり、つばの大きな帽子をかぶり、長袖で肌の露出を避け、紫外線をカットしてくれるサングラスをつけるかとで紫外線は対策できます。

また、年間を通して効果的にできる対策の一つとしては、身体の内側から栄養素を取ることもポイントになります。

そして曇りの日だとしてもA波は発生するので対策が必要で、室内や車内だとしても紫外線は入るので対策は必要です。

紫外線のB波にもくすみやシミを作る力があるので対策が必要で避けることが重要です。
そして、紫外線の強い時間帯は外出をなるべくしないことも紫外線を避ける方法です。

体の内側から対策する

シミを作らないためには、体の内側から対策を取るという方法があります。
体内に入ってしまった紫外線の影響を防ぐことが大切になってきます。

シミの原因となる活性酸素から肌を守る栄養素には、ビタミンAやビタミンCやビタミンEがあります。

これらには抗酸化作用があるので、それらを積極的に接種することで身体の内側からケアをすることができます。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。
また坑酸化作用が高いことで知られ、免疫力も高めるビタミンです。

ビタミンC

ビタミンCは、メラニン色素を抑える働きがあります。
紫外線によって生成される活性酸素を除去し、コラーゲンやエラスチンなどの生成も促進し肌にハリも与えます。

ビタミンE

ビタミンEは、活性酸素を除去しシミやそばかすを防ぎ紫外線から肌を守る働きがあります。
乾燥を防ぎ、肌にハリや艶を与えます。

シミ取りクリームはどんなものがいいか?

シミ取りクリームは、メラニン色素を分解するクリームが良いようです。
また、坑酸化作用のあるシミ取りクリームも肌の老化や毛穴の引き締めをしてくれるので良いようです。

メラニン色素を分解できるクリーム

シミ取りクリームには、メラニン色素が生成されない効果を持つものがあります。
また、メラニン色素を分解してくれる効果を持つシミ取りクリームがあります。

そして選ぶときには、シミ取り効果が高いハイドロキノンが配合されたクリームを選ぶと良いようです。

それはハイドロキノンには、これからできるシミを防ぐという効果があるためにです。
それに加えて、今できてしまっているシミを薄くする効果が期待できるからです。

そしてハイドロキノンは、黒色メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑え、表皮のメラノサイトを少なくし、本来の肌を取り戻そうとする作用でメラニンの色を薄くするのです。

このような効果を持つハイドロキノンは、シミ取りクリームの成分には欠かせないので効果が期待されます。

シミ取りクリームの使い方について

シミ取りクリームを使うときには、効果的な使い方があります。
効果的に塗ることで、よってシミ取りクリームの成分が肌へと浸透しやすいくなるのです。

まず大切なのは、シミ対して有効なものなので短期間だけ使用するよりも、何度も継続的に使うことが効果的です。

さらにクリームを塗るタイミングも大切になってきます。
タイミングとしては、洗顔してからなるべく早めに使うのも方法の一つで、肌が乾燥してしまうと成分が肌の奥まで届かなくなり、効き目も薄くなってしまうからです。

これは、毛穴を開かせ水分量が多いとき塗るという目的もあります。
それなので洗顔後だけでは、お風呂の後の体温が上がっているときにも効果的に塗ることができます。

有効成分を浸透させるポイントとしては、手で五秒ほど抑え、手の温かさを与えて成分を浸透させるのも方法です。

そしてクリームは、自分の手で優しく塗り込み、優しく抑えるながら塗るのもポイントです。
さらには、蒸しタオルを使うなどして染み込ませることもポイントです。

ハイドロキノンのメリット、デメリットとは?

シミを取ることができる成分には「ハイドロキノン」というものがありますが、はたしてどのような成分なのかメリット・デメリットでその効果を見ていきましょう。

メリット

まずは、ハイドロキノンのメリットから見ていきましょう。

ハイドロキノンのメリットは主に肌を白くさせることですが、他にもシミやニキビの発生を抑制するといったメリットもあります。

ハイドロキノンは天然の成分にとても近く、フルーツや麦などにも含まれているため安全性が高く、肌への強い副作用といったものがほとんどないことも大きなメリットになっていきます。

そのため、ハイドロキノンは多くの美白クリームなどに配合されていて、ドラックストアなどでシミ取り専用の美白クリームを選ぶ時には、ハイドロキノンの成分が含まれている美白クリームを使用することをお勧めします。

ハイドロキノンの具体的な肌への効果は、シミの原因成分のチロシナーゼを消滅させることができることで、シミを作りにくくすることで徐々に肌の表面を白く美しくすることができます。

デメリット

その一方でハイドロキノンのデメリットには、人によっては肌に合わない人もいることが大きなデメリットになってしまいます。

ハイドロキノンは天然成分に近く副作用などもほとんどないものですが、稀にハイドロキノンに対して肌が過敏に反応してしまう人もいます。

そのため、その様な人はハイドロキノンを使うことはできなくて、ハイドロキノンが含まれている美白クリームを初めて使用する人にはパッチテストをすることが推奨されています。

また、ハイドロキノンを使用した肌を長時間太陽の光に当たってしまうと、却ってシミの原因を増やしてしまうといったデメリットもあります。

何故そのようになってしまうのかの理由は割愛しますが、ハイドロキノンを使用した場合には長時間の外出などは避けて、できれば夕方から朝にかけて使用する方がいいでしょう。

シミやそばかすに効果的なサプリについて

シミやそばかすを少なくしてくれるものはハイドロキノンといったシミ取り用の美白クリームだけではなく、サプリメントなどでもシミやそばかすを目立たなくさせることができます。

そのシミやそばかすを目立たなくさせる、サプリメントの成分をまずは見ていきましょう。

有効な美白成分について

サプリメントは体の内側からアプローチするものになるので、美白クリームのような即効性はありませんが、シミやそばかすを少なくさせる以外にも様々な効果を期待することができます。

肌を白くさせるには肌の潤いや新陳代謝を高めることも効果的で、サプリメントにはそれらの効果を大きく期待することができます。

美白効果を期待できるサプリメントの美白成分は様々なビタミンなどが挙げることができ、特に「ビタミンC」と「ビタミンE」には肌を白くさせる効果が期待できます。

また「ベータカロテン」といった緑黄色野菜に含まれている成分も美白効果があり、シミやそばかすに効果があるとされるサプリメントにはベータカロテンが含まれていることが多いです。

その他にも「エラグ酸」「システイン」といった成分も美白効果があるので、サプリメントを選ぶ際には上記で紹介している成分が多く含まれているものを選ぶと美白効果を大きく期待することができます。

また、美白クリームと美白サプリメントの併用をすることでも、体の外と内からの両方からアプローチを掛けることができてオススメの使い方になります。

サプリの選び方

効果が高い美白サプリメントの選び方は、上記で紹介している成分が多く含まれているものがオススメになりますが、他にも美白サプリメントのオススメの選び方があります。

天然成分が配合している

美白サプリメントを選ぶときには出来るだけ「天然成分」が多く配合されているものを選ぶ方がいいでしょう。

天然成分であれば、副作用などのリスクもなく安全に毎日服用することができます。

サプリメントは毎日続けて服用することで効果が現れるものなので、できるだけ体に負担が掛からない自然の中にある成分を中心に作られているサプリメントをオススメします。

価格に考慮しながら選ぶ

サプリメントは価格で選ぶということも大切で、あまり高いサプリメントを選んでしまうと月々の家計を圧迫してしまいます。

サプリメントは長く継続的に使っていくと効果が現れて行くものなので、あまり高いサプリメントはお勧めしません。

そのため、美白サプリメントも手頃で継続的に購入しても、家計に大きな負担が掛からない価格のものを選ぶ方がいいでしょう。

皮膚科でできるレーザー治療以外のシミ取り

シミやそばかすといったものを早期に除去する場合には、皮膚科で行われているシミ取りレーザー治療などが一般的な方法になります。

ただ、シミ取りレーザー治療以外でも皮膚科ではシミやそばかすを効果的に除去できる方法があり、外用薬や内服薬などでも除去することができます。

シミを外用薬で取る

皮膚科でシミやそばかすを除去するために処方される外用薬は、主に2種類あります。

上記で紹介している「ハイドロキノン軟膏」と、もう一つは「トレチノイン軟膏」というものになります。

ハイドロキノン軟膏は漂白作用が強く肌が敏感な人には使用することはできませんが、トレチノイン軟膏であればそれほど刺激は強くないので、敏感肌の人に場合にはトレチノイン軟膏を処方してもうといいでしょう。

また、2つの軟膏の効果の違いは、メラニン色素の生成を抑える効果と、皮膚の新陳代謝を促すといった効果の違いがあります。

メラニン色素の生成を抑える軟膏薬は、シミ取り専用の美白クリームなどにも配合されているハイドロキノン軟膏になります。

一方、皮膚の新陳代謝を促してシミやそばかすを排出してしまう効果があるのは、トレチノイン軟膏になります。

シミを内服薬で取る

シミを内服薬で除去できる成分はサプリメントに含まれている成分と似ていて、「ビタミンC誘導体」「ビタミンE」「システイン」といったものが含まれています。

「ビタミンC誘導体」という成分の効果は、ビタミンCを皮膚に促してメラニン色素の色素沈着などを防ぐことができます。

そして「ビタミンE」がビタミンCの効果をより引き立てる成分として内服薬には含まれていることが多く、2つのビタミンの相乗効果によってシミやそばかすを身体の内部から除去していきます。

また「システイン」という成分はメラニン色素その物を白くさせる効果あり、シミ取りの美白サプリメントなどにも含まれている成分になります。

皮膚科のシミ取りの保険適用について

医療機関で保険が適用されるには、病気の治療など医療行為でなければ保険は適用されません。

そして、皮膚科でシミ取りをするために処方される薬は、医療目的ではなく美容目的に近いので、保険が適用されないことが一般的になります。

ただ、事故や怪我によってできてしまったシミなどは保険が適用されるので、その場合には医師に相談などするなどすれば保険が適用されます。